NEW! お知らせ

2019年4月27日・無原罪聖母修道院60周年・霊性センター「せせらぎ」20周年記念ミサの写真を公開しました。(5/2)

ティム・ステッド著 柳田敏洋/伊藤由里訳『マインドフルネスとキリスト教の霊性』~神にスペースをつくる~が4月17日に出版されます。⇒クリックするとチラシのPDFファイルがダウンロードされます。  (4/8)

教皇フランシスコのビデオ・メッセージ:5月の祈りの意向「 アフリカの教会、一致のからし種」日本語訳付きを更新しました(5/4)

黙想の出来る修道院・施設のご案内「静けさの中で神とひびくために」(2019年度版)のダウンロードはこちらから

 

無原罪聖母修道院(黙想)はカトリックの男子修道会イエズス会の修道院です。
イエズス会(Society of Jesus)は、日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル(1506-1552)やイグナチオ(1491-1556)ら7人の同志によって設立されました。
イエズス会は、国際的な使徒的活動を行う宣教修道会として、全世界に約二万人の会員を擁し、宣教司牧・教育研究・祈りと黙想の手助け・著述・出版など、現代世界に福音をもたらすために、多岐にわたる奉仕に取り組んでいます。