2019年2月の教皇メッセージビデオ :2月の祈りの意向「人身売買」

教皇フランシスコのビデオ・メッセージ:2月の祈りの意向「人身売買」

教皇
「私たちは無視しようとしがちですが、奴隷制は過去の時代のものではありません。」

「この悲惨な現実に直面するとき、誰もが、ある意味で、人道に反するこの犯罪の加担者となっていることを認めざるをえません。」

「今日の世界でも、以前と同じくらいの、あるいはそれ以上の奴隷制があるという事実を無視することはできません。」

「人身売買や、強制売春、暴力の犠牲となった人たちが、分け隔てなく寛大に受け入れられるように祈りましょう。」

(翻訳 祈祷の使徒日本)

popebanner

コメント投稿は締め切りました。